s i n k i n g s l o w l y





流山 「あのさ、この前のトリビア、見た?」
 
上野 「見た見た。おれってば感動して泣いちゃったよ。
 藤岡弘、すごかったよな。」
 
流山 「・・・藤岡のトリビアなんてあったっけ?」
 
上野 「結局、あの緑色の生物が何だったのかが分からない所だけが、
  心残りなんだけどね。」
 
流山 「・・・お前、何か別の番組の話をしてないか?」
 
上野 「あんなにかっこよい藤岡弘は久し振りだよ。
  龍の使い人喰いヅォンドゥー編よりずっと良かったよ。」
 
流山 ばかやろう!お前が言っているのは
 藤岡弘・探検シリーズ第3弾
  南米ギアナ高地切り裂かれた大地の闇に
  謎の地底人クルピラは実在した!!』
 の話じゃねえか!」
 
上野 「クルピラの話じゃないの?」
 
流山 ト・リ・ビ・アの話だよ!あんなザル番組で喜ぶなよ!」
 
上野 「ザル番組とは失礼だな。君には夢はないのかよ!」
 
流山 「いい大人が地底人に夢を求めるなよ!」
 
上野 「やだねえトリビアごときでアダルト気取りかい君は。」
 
流山 「ああムカつく。」
 
上野 「で、そのトリビアとやらがどうかしましたか?」
 
流山 「いや、結構前のトリビアの話なんだけどさ、
毛虫が裁判にかけられたことがあるていう
ネタをやっていたのよ。」
上野 「へぇ〜。どんな内容だったの?」
 
流山 「かいつまんで説明すると、
   1120年に中世ヨーロッパのどこかの国で、
 毛虫がブドウ畑を荒らしたんで
 毛虫を被告にして訴えてみて欠席裁判して
 毛虫を敗訴さして、当時ではすごい重い判決である、
 『破門』を喰らわしてやったぜヘイヘヘイ♪
   てな感じのネタなんだよ。」
 
上野 「へぇ〜。殺人毛虫による人喰いトリビアだね。」
 
流山 「なんにも聞いてねえ!
  いいかげん藤岡から離れろよ。(グーで殴る)」
 
上野 「はいはいごめんよ。んで、その話がどうしたのさ。」
 
流山 「いんや、
  このトリビアは中世ヨーロッパの話だけれどさ、
  2000年代の東京でも、
  似たような事件が起こっているんだぜ。」
 
上野 「ほぉ〜。どんな事件?」
 
流山 「・・・むかつく。こんな事件さ。」
 
 
東京高尾山「天狗裁判」起こす
(毎日インタラクティブ)

たか夫さん
 東京地裁八王子支部で進められている「高尾山天狗(てんぐ)裁判」は、東京都八王子市の高尾山(標高599メートル)をトンネルで貫通する首都圏中央連絡道路(圏央道)建設差し止めを求め、1000人以上の地元住民らが国などを相手に起こした。原告に地元の自然保護団体などのほか、高尾山、同山に生息する絶滅危惧種のオオタカ、ムササビ、ブナ、さらに八王子城跡も名を連ねている。

 原告団は「高尾山の守り神の天狗も怒っている」との思いを込め「天狗裁判」と名付けた。原告側は、高尾山や隣接する八王子城跡下に予定されているトンネルやジャンクション建設が進めば、都市近郊の豊かな自然が破壊され景観が損なわれ、オオタカの営巣活動など生態系にも回復不可能な影響が出るなどと主張。先月29日の第1回口頭弁論で、曽我大三郎裁判長は、「(原告適格の)裁判所の見解が出ていない」としてオオタカなどの審理は分離して行うことを決めた。

 この訴訟は、訴状に高尾山の自然の豊かさを知らせる絵本を載せたことでも話題になった。  原告団は「多くの人に分かりやすい、一緒に考えてもらえる裁判にしたいから」と説明している。
流山 「記事によると、
  高尾山の守り神の天狗も怒っているとの思いを込めて
  「天狗裁判」と名付けた
んだって。」
 
上野 「うははははは。原告団。なんじゃこりゃ。
  高尾山・オオタカ・ムササビ・ブナ・八王子城跡て!」
 
流山 「この訴え自体は笑いごとじゃないかも知れないけど、
  やっぱりなんだかなあ、って思うよな。」
 
上野 「オオタカやムササビならわかるけど、ブナて!あいつ喋らないよ!」
 
流山 「そこかよ!」
 
上野 「城跡て!山て!キャハハハハハ!」
 
流山 「・・・屈託無く失礼な奴もいたもんだ・・・。皆さんすんません。」
 
上野 「だって、城跡も山も、裁判所に入れないじゃん!荒井注かよ!」
 
流山 「問題点がずれてる!
 ・・・でもまあ、笑いとばしこそせずとも、
 世間の目ってのはそんなもんで、
 この訴えってば棄却されちゃったんだってさ。」
 
上野 「そりゃあ、
 こんな本気なのか冗談なのかわかんない訴訟なんて、
 いい大人は正面から取り扱ったりしないよ。
 ましてや、利権の絡む問題が後ろに見え隠れしてたりすれば、
 言うに及ばずだよな。」
 
流山 「いきなり大人びやがったよこの男。
 でもさ、環境関係の色々が取りざたされる今日このごろだからさ、
  こういった訴訟ってのは、
 もしかしたら今後も増えて行くかもしれないよな。」
 
上野 「中世の毛虫裁判もびっくりだね。」
 
流山 「事実がだんだんトリビアに近づいて行くのだなあ。」
 
上野 「ようし!それじゃあ僕もいっちょやりますか!」
 
流山 「何をだよ。」
 
上野 「人喰いヅォンドゥーと地底人クルピラを原告にして、
  藤岡弘をバカにしたあなたを訴えてやるのです。」
 
流山 「やってみれ!!!」
 

(2003/10/15)

SEO [PR] ギフト 音楽配信 コンサート情報 わけあり商品 無料レンタルサーバー