s i n k i n g s l o w l y






 「おう。ひさしぶり。どうしたんだよそのマスク。」

「ああ、花粉症でさ。辛いんさ。」

 
「それは大変だね。」

「大変だよ。鼻水が止まらないし、目も充血するし。」

 
「ふーん。」

「なんだよ他人事って顔しやがって。
お前は花粉症になったことないのかよ?」

 
「ないよ。だってさ、花粉症なんてさ、元凶は花粉の粒じゃん。」

「そうだよ。それがどうかしたか?」

 
「だからさ、花粉の粒なんか、全部よけちゃえばいいんだよ。」

「なんだよそれ・・・。」

 
「こう、さ。ほら。華麗なフットワークで。」

「”雨粒を全部よければ雨に濡れなくって傘いらずなのよ!”って
 そんなことを思いついた小学生かおまいは・・・。」

 
「そう!小学生の頃、グラディウスで鍛えたのが、
  今になって役に立っているんだよ。」

「お前って話半分しか聞かないのな。
 確かにあのゲームは敵の弾がアメアラレだったけど・・・」

 
「はっ!ほっ!ふやっ!」

「ほんとによけてるよ。」

 
「↑↑↓↓←→←→BA!」

「裏技使うなよ。」

 
「上!上!下!下!左!右!左!右!B!A?」

「いや、大声で繰り返し言った所で、
 お前にオプションとかつかないから。」

 
「でもまあ、こんな感じで避けきれば
  花粉症にはならなくって医者いらずなのよ。」

「進歩してねえ奴だなお前は。
 後半のは目医者さんみたいになってるし。」

 
「でも、慣れてくるとゲームも花粉も同じだぜ。」

「それはないよ。」

 
「調子がいいと、花粉が止まって見えるんだ。」

「今度は川上哲治かよ。昭和世代め。」

 
「でもまあ、花粉避けはもう完璧になっちゃったね。俺は。」

「ああそうですか。よかったね。」

 
「だけどお前、花粉の粒をクリアしたら、
  次のステージがあるんだぜ。」

「次のステージ?」

 
「初めの花粉症ってステージは、花粉の粒が飛んで来るんだ。
  そして次の”不眠症”ってステージは、不眠の粒が飛ぶんだ。」

不眠の粒ってなんだよ!」

 
「これがまた、俺の動態視力が追いつかない。
  全然避けきれないんだよ。」

「そんなもん、花粉以上に発見不能だよ!」

 
「クリア出来ないのが悔しくて、
  毎晩あんなにグラディウスで練習してるのに!!」

「単にファミコンやって夜更かししてるだけじゃんか!」

 
「フハハハハハ!絶対クリアしてやる。
  絶対に俺はクリアしてやるんだああああああ!」

「おい!しっかりしろよ!突然どうしたんだ!」

 
「不眠症ステージで不眠の粒を避けきれないと、
  その次の精神分裂症のステージで放たれている、
  精神分裂の粒を避けることが出来ないんだあああああ!」

「なんなんだよ全くもう。」

 
 

(2003/10/09)

SEO [PR] ギフト 音楽配信 コンサート情報 わけあり商品 無料レンタルサーバー