沈殿層からのつぶやき〜
s i n k i n g s l o w l y
 
 
10月の話




■■■一年たったなあ。■■■



日付見ると10月ですね。
びっくりです。
とある小説家志望の友人は、
「今年中に小説一本書き上げられなかったら、田舎に帰る!」
と、豪語してらっしゃいました。年初に。10ヶ月弱前に。
どうなることやらですね。
 

彼とは関係ありませんが、
会社の女の子がなんか立ち話で喚いてました。


「早いなー。もう10月!
   今年もあと二ヶ月ですよ!




ふーん。
僕は引っ越してきてそんなに長くないのでよく知らないのですが、
千葉県は11月30日に大晦日を迎えるのかも知れません。


櫻井さん、小説のタイムリミットはあと二ヶ月らしいです。
 



かく言う僕も、ちょっと小説家には憧れています。
彼が今年中に書くのなら、僕も書いてやる。
そんなことを考えてはや10ヶ月。
テーマすら、なし。


神山さん、小説のタイムリミットはあと二ヶ月らしいです。


 

時間って奴はさ、早いとこ早いとこ流れていっちゃうのね。
しかも、低い方へ低い方へ。
無理矢理テーマ捜して書くか、
小説家への憧れを忘却の河へと流すか。
やれやれどうしよう。
 
 



そういえば大晦日のコンサートで、
徹夜で使えない会場・・・close22:00の会場では、
新年のカウントダウンを出来ないじゃないですか。
でも、どうしてもカウントダウンライブにしたがるアーチストはいるそうで。




ファンの人に怒られると厭なので
画像を小さくしておきます。


数年前に「青い夜・白い夜」とかいうイベントを行ったとあるバンド。
20時58分ごろのMCにて。於・東京ドーム。






TOSHIさん(仮名)
   「みんなぁ、×は、
    時間を操ることが、
    できるんだぁぁぁぁぁ!」

観客さん
   「ウォォォォォォ」

TOSHIさん
   「今から、世界より三時間早く
    俺達だけで、
    新年を迎えてやろうぜぇぇぇぇ!」

観客さん
   「ウォォォォォォ」

TOSHIさん
   「みんな一緒にカウントダウン、
    たのむぜぇぇぇぇぇ!」

観客さん
   「ウォォォォォォ」

TOSHIさん
   「10!」

観客さん
   「10!」

TOSHIさん
   「9!」

観客さん
  「9!」


 (中略)



TOSHIさん
   「0!!! 
    あけましておめでとぉぉぉぉぉぉぉぉ!

観客さん
   「ウォォォォォォ」







・・・九時ですよ。

 
 
 
 
 

潔く諦めることの美しさを
×(伏せ字)のTOSHIさんの失敗から教わりました。


当時の相方がglobeに加入したそうで。


僕も小説家になる夢を潔く諦めることにします。
それでは。

 

現在のTOSHIさんはこちら・・・。





■■■時間って大切だなあ。■■■
 


帰る

 

SEO [PR] ギフト 音楽配信 コンサート情報 わけあり商品 無料レンタルサーバー