沈殿層からのつぶやき〜
s i n k i n g s l o w l y
 
 
生命と国境の話




いやもう、
別にどうでもいい話ではあるんですが、
ウミガメって奴は、すごいらしいですよ。





4月から8月にかけて、
関東から南の太平洋沿岸で産卵するらしいんです。
で、60日ほどで孵化して、子ガメは太平洋へどんぶらこ。


んで、
彼らがどこに行くのかってえと、
これがメキシコ湾沖だっていうからビッツラですよ。
 

GO!


いや、何がすごいって。
メキシコっていったらあなた、ソンブレロ率100%ですよ。
それっくらいすごい。


メキシコ人


メキシコって奴は
数字にして日本近海から10000km離れてるってくらいすごい。
すごいすごい。




そこで育った彼らのうち、メスのウミガメは、
20〜30年後にまた日本に帰ってきて、
泣きながらまた産卵するわけなのです。
 

BACK!

いやあ、生命って奴はすごいよ。
 
 

んで。思ったんですが。

浦島太郎って奴、いんじゃん。ね。

あいつさ、思うにさ、
海岸でウミガメの背中に乗ったんだと思うのね。
 

辿り着いたアメリカで、
タンゴだとかドンタコスのステップだとか、
不思議なものを見てくるわけさ。

で、ウミガメに乗ったまま帰ってきたら、
30年過ぎてるわけじゃんか。
 
 

太郎ちゃんが動物愛護精神を振り翳した時が25だとして、
帰ってきたのは55歳。
当時の寿命にしてはきっとじじいですね。
 
 

うむ。
謎、とけたじゃん。
 

・浦島太郎は、ほぼメキシコ人だ。


浦島さん(55)


どっかの日文学科の学生さんに、
卒論のテーマとして売れないかしら。

 
それでは。
 


帰る

 

SEO [PR] ギフト 音楽配信 コンサート情報 わけあり商品 無料レンタルサーバー