s i n k i n g s l o w l y

番 外 編

ROAD to FRANCE
〜アメリカ横断お笑いウルトラクイズ漂流記〜


第六章  予選第三出題



三問目だ!
予選の最終お題だよ!
ここをクリアすれば裏成田空港だ!

いやあ長かった。

TVクイズの収録ってのは、
30分番組であっても一日かけるものがある、て話。
聞いたことがありましたよ。


でもなあ。ウルトラ。
一問目のお題発表からここまで、二ヶ月。
時間軸までウルトラめいていやがるぜ!


そんなこんなで、
どんどんウルトラに浸っていく自分。

なんて恥ずかしい20代最後の年なんでしょう。
落ち着いてお題を見据えます。





予選 最終お題

実はパソコンの操作法にもいろいろ流儀がある。
その中でも一番礼儀作法に厳しい「和泉流」での
パソコンの電源を入れるまでの3手順をすべて答えよ。




・・・。
3手順かあ。

迷ったときはパロディやお題への揚げ足からボケを考える自分。
これはパロディのしようもないしなあ・・・
揚げ足ってのもなんかやらしいから、
ちょっと後にとっておこう。


でも、これって、
投票時には3手順が150人分ならぶんだなあ。

投票者を信じないのもいけないことだけど、
投票欄の後ろの方にボケが来ちゃったら、
みんな読むのに疲れ切っているんじゃないだろか。


出来るだけスコーンと読みやすいボケを。
でも何を考えればよいのかわかんない。

うーん。


とにかく、無理にでも考えなきゃ。
みっつのてじゅん。
うーん。


そういえばダンディ坂野がNHK教育で、
「みっつのとびら」って番組をやってたなあ。
高学年の理科、だったかな。

あんまし面白くない上に、
ダンディの作る空気が、また、耐えられないんだ。
他の出演者とも気があってないみたいだし。
うーん。

大丈夫かなあ。ダンディ。
うーん。


だいたい、ダンディ坂野って人は、
一般層を相手にブレイクしちゃあ、いけない人材だったんだ。
ブレイク期間が終わったら、
あとは落っこちていくだけじゃんか。
大丈夫かなあ。ダンディ。
うーん。

うーん。

はっ!

ボケを考えなきゃよう!



無理矢理パロディボケを考えるとしたら、 こうかなあ。

1,電源に触れる前に、右から車が来てないかどうか確認。
2.右を見ている間に、左から車が来てないかどうか確認。
3,左を見ている間に、右から車が来てないかどうか確認。

・・・絶対カブるよこれ。やめとこうやめとこう。
ありがちな家族の風景を書いてみよう。

1,両親にパソコン使っても良いか、確認。
2,お母さんに                 
3,                       

やめた。
これだったら、
思春期の中学生を主人公にした方がよくないかな。

1,両親が寝静まったかどうか、確認。
2,ボリュームがちゃんと下げてあるか、確認。
3,
                         


やめた。
AVを見る時の中学生的な感じにしようと思ったけど、
うまいまとめかたが見付からないや。

だったら、
ありえねえはずの普遍的な家の風景を書いてみよう。

1,廊下に向かって咳払いを三回
2,飛んできた執事に向かい、顎でクイッと合図を送る
3,執事が電話でPC電源係を呼び出し、完了

・・・こうか?
うーん、弱いなあ。弱い。
読みづらいし。

なんかもっとこう、ドカーンとくるボケはないものか。

ないものか
ないものか ないものか zzz・・・






で、起きたら締め切り直前でした。
仕方ないので「執事」を送信。

今度こそ、ダメだ!


三問目にして二度目のダメ宣告を自分に振り落とし、
結果発表を待つのでした。



前の章へ    次の章へ

イロトリドリノセカイへ


sinkingslowlyへ戻る
SEO [PR] ギフト 音楽配信 コンサート情報 わけあり商品 無料レンタルサーバー